災害伝言ダイヤル | 家族が集まる緊急避難場所の決め方

災害・緊急・防災に。 「困った!」を未然に防ぐ、大切なポイントをご紹介。

自分の街のこと、知っておこう

キャリアごとに用意された伝言ダイヤル

スマートフォンの通信事業会社の各キャリアごとに、災害時におけるアプリが用意されています。これらは無料でダウンロードできますので、家族のキャリアが統一されていればこちらのアプリを事前にダウンロードしておくと便利です。

1つの伝言ダイヤルアプリを例にして使い方をご案内します。

1携帯電話番号あたり10件までメッセージを登録することができ、「無事です」「自宅にいます」「避難所にいます」といった既存メッセージと、全角100文字までのテキストを登録できます。

繋がりにくい音声通話に比べ、自分の状況に合わせてメッセージを保存することができ、離れた場所から家族の安否を確認するために、相手の連絡先を入れることによってお互い無事の確認ができるしくみです。

災害用伝言ダイヤル171とWEB171

自宅の固定電話やスマートフォン・携帯電話から直接「171」をダイヤルし、4桁の暗証番号を設定します。事前に家族で取り決めをしていない場合、暗証番号を設定しなくても使うことができます。
次に相手の電話番号をかけ、30秒以内のメッセージを登録します。
伝言の再生も同じです。登録するときに「再生」を選択し、ガイダンスに沿って電話機の操作をしてきます。

また、「WEB171」というインターネット上の伝言板も存在します。
登録・再生したい電話番号を入力フォームに入力し、登録、または再生ボタンを押すことにより、事前に登録されていたメッセージを読んだり、メールアドレスを追加登録することより、家族の誰かが伝言を入れたとき、メールで教えてくれる機能があります。(メールアドレスの登録が必要です。)
英語・韓国語・中国語に対応していますので、家族間だけでなく、親しい友人と安否連絡を取り合う際にも使うことができます。


この記事をシェアする